閉じる

猿啼奥出雲集

Connect with us

ひよるりとトンビの空を聞きながら横須賀線は逗子を離れゆく

詞書

続けて詠める
「とくゆけど垣間見えたり鶴岡若宮大路の奥のその奥」
「鎌倉の北なる寺に参りたる人は花より多くあるべし」
「観音やぬっと出できぬおかしさよそこを過ぐれば大船の駅」
「横浜に入れば人浪押し寄せて歌の心もやがて尽きたり」

2021/06/23
...